sendo

アクセスカウンタ

zoom RSS ホームレス殺人

<<   作成日時 : 2006/03/17 07:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

また、人の痛みを知らない人間が現れて、酷い事件を巻き起こした。
「罪を憎んで人を憎まず」というけれど、焼き殺された雨堤(あまづつみ)誠さん(60)の気持ちを考えると、罪だけ憎んで何になるのだろうか?と思ってしまう。
そして、少年法改正や、死刑制度が犯罪の抑止力にはなっていない事も露呈した。
こういう残忍な事を起こしても、こういう人間は自分の身体に火を付けてある程度燃やしてあげなければ人の痛み等理解できないのではないだろうか?
こういう想像力のない者達が現れるのは、何故だろう?
「やってみなければわからない」「なってみなければわからない」等と言ってしまう想像力のなさに、このような事件を起こした人間と、そのまわりの環境と、そのまたまわりの環境と、そのまたまわりの環境と…自分の犯した罪について考えてしまう。
人を傷つけて、いまだに、その罪を償ってはいない…

http://www.asahi.com/national/update/0316/TKY200603160343.html 高校生と中学生を殺人容疑で逮捕 姫路の野宿生活者焼死(朝日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060316it12.htm 姫路ホームレス焼殺、少年2人を殺人容疑などで逮捕(読売)
http://www.sankei.co.jp/news/060316/sha073.htm 少年2人を殺人容疑で逮捕 姫路のホームレス焼殺(産經)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060317k0000m040098000c.html 姫路ホームレス殺人:少年2人を逮捕 投石なども認める(毎日)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060316AT5C1601T16032006.html 姫路のホームレス焼死事件、中学生ら2少年を逮捕(日経)

『姫路のホームレス焼死事件、中学生ら2少年を逮捕

 兵庫県姫路市で昨年10月、ホームレスの男性が火炎瓶を投げ付けられ焼死した事件で、県警捜査一課と姫路署は16日、逮捕状を取っていた少年4人のうち、同市内に住む高校3年の男子生徒(18)と、中学3年の男子生徒(15)の2人を殺人と火炎瓶処罰法違反の疑いで逮捕した。2人は「4人でやったことは間違いない」と容疑を認めている。

 少年4人は地元の遊び仲間で、高校3年生がリーダー格とみられる。同課などは、恐喝容疑などで逮捕されている、いずれも16歳の無職少年2人を17日にも殺人などの疑いで再逮捕。ホームレスを標的にした嫌がらせが、火炎瓶を利用するまでエスカレートした犯行の動機を追及する。

 無職、雨堤誠さん(当時60)の足が不自由だったことを知ったうえで、寝場所としていた狭い空間に火炎瓶を投げていることから、同課などは死亡する可能性を認識できた「未必の故意」があったと判断。殺人容疑の適用に踏み切った。 (日経) 』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
麻生のお膝元ではないけれど・・・”ホームレス小屋に放火容疑、高1の3人逮捕 福岡”
また、悪逆非道の事件が起きた! ...続きを見る
sendo
2009/08/30 07:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホームレス殺人 sendo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる