sendo

アクセスカウンタ

zoom RSS 自由って、なんだろう?

<<   作成日時 : 2006/06/04 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

こちらのニュースで、卒業式を威力妨害したとして、教師が有罪(罰金20万円)という判決をくだされた事で、「自由ってなんだろう?」と疑問に思いました。
事実は、報道からしか見る事ができないので、生徒がどのような気持ちで着席していたのかわからない。
しかし、その状況の全責任は一人の教師にあるという政治的判断によって、今回の判決はくだされた。

語弊が生じるかもしれないけど、時代が変わって価値観も変わってゆくように、学校の式典も生徒の自由な判断にまかせるべきか、それとも伝統ということで今まで通り形式的に一様に(天皇や日の丸を尊敬しようが、しまいが)起立して歌を歌うか。
ある歌舞伎役者が、テレビかラジオで言っていたのですが、「伝統は守るものではなく、発展させていくものだ」というような事を言っていました。
それは、伝統を守る為に型にはめるのではなく、自由に創造する事によって、結果的に伝統は守られるという事だと思います。
そこには一定のルールはあるでしょうが、創造という自由があります。
それは、あらゆる事に地続きであるように思います。

ここでの問題は、生徒達を起立させなかった事で式典を妨げたという事になるか、否かという事。
生徒自身が、それぞれにその行動を起こしていたのであれば、問題は、もう少し変わっていたのかもしれない。
しかし、今回の事件は、先生が教師が都の条例によって「君が代斉唱時に起立しなければ罰せられる」という事を訴え、都が起立しなくても罰する事のできない生徒や、保護者達に起立しないように要請したことではじまった。

何故、教師は罰せられて、生徒やその関係者は罰せられないか(罰せられるようになったら、恐いけど!)という素朴な疑問は、教師は都の職員だからって言われるかもしれないが、だったら君が代が都の歌か?日の丸が都の旗かっていう素朴な疑問が生じたりして、もし君が代が都の歌だったら話はわかり易くって、まさにファシズム一歩前な感じがする訳です。
条例だから、法律だから、守らなければ罰せられる。
そこに個人の自主性、信条は封殺されるというのが現状。

教育が、個人の自主性を教える事を含んでいるのなら、まだ政治的な物心のつかない子供に対して、今まで(無自覚な)強制的に日の丸に頭を下げさせてきた事を教えないまま(教えちゃうと反動があるから、畏れて教えないと思うけれど)に、「何故、日の丸に礼しなければならないのか」という説得力のある説明をした上で、生徒自身の判断を促すようにしなければ、個人の自主性を養う事になならない。
それらをクリアした上で、生徒それぞれが、日の丸に礼をする・しないという判断をした方がいいと思う…
しかし、元々、学校の式典に掲げる国旗って、なんだか威圧感があって、それに礼しないと反逆者的に見られるんじゃないかという恐怖心が生じる所為で、礼しないという判断を選ぶには、学校という閉鎖的な空間ではかなりの勇気と忍耐と行動力が必要だったりするから、心の中では礼しないけど形だけっていうのが一番楽チンだから、そういう判断になっちゃう子が多くなってしまうんじゃないかなぁ。
今度、通ってしまうかもしれない「教育基本法」にしても、先生が子供の自主性を尊重しながらも、結局は「郷土と国を愛」するように一定の形にしむけなければならないという不自由な教育の法律があるもんで、極端にいえば自由(例えば、子供が天皇を批判する事など)を尊重するような教育の仕方をすると罰せられてしまう…
と、書くと「子供が天皇を批判などするわけないじゃないか」といわれるだろう。
確かに、天皇がなんなのか知らない子供達は批判などできるわけもない。
そして、天皇がなんなのか、教え込むのは大人なのだから、その子供が出逢った大人によって、子供は天皇を知るのであろう。
だから、もしかしたら天皇制反対の親に育てられた子供は天皇を批判する」可能性だってあるわけだ。
しかし、学校という閉鎖的な空間はそれを認めないだろうし、教育基本法は、教師達にそれをさせないように間接的に圧力をかけて、子供達を形式通りに行動するように自主性等よりも大切な伝統を教える等という欺瞞で自他を欺いてゆくのだろう。
人それぞれが信条を貫く、それも闘いなのかもしれない。
そして、闘えない人は、体制に丸め込まれて、何も創造できない身体になってしまうのだろう。
まるで、コイズミに旗降って集まるオバチャン達のように…


くわしい顛末はこちらで、この問題は、自由の問題でもあり、続けてみていきたいと思います。

自由は難しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国旗
国旗国旗を踏みつける、焼くなどの行為の例について、確かにいくつも例はあるのですが(イスラム諸国に対する反米感情など)、多くの日本人が知っているであろう、2004年のサッカーのアジアカップにおける中国人サポーターの日本に対する行動(君が代へのブーイングや日の丸の焼き討ちに限らず外交官公用車への破壊行為... ...続きを見る
法用語辞典100
2006/06/05 00:31
都立高卒業式「君が代」批判☆威力業務妨害事件判決
&lt;font size=3&gt; 今日、平成18年5月31日の朝日新聞社説&lt;font color=red&gt;「君が代判決 教育に刑罰は似合わぬ」&lt;/font&gt;は朝日新聞らしい支離滅裂な社説だった。まず、タイトルからしておかしい。何が「君が代判決」だ? この裁判で「君が代は国歌か否か」が争点になったとでもいうのか? あるいは、「君が代を学校現場で斉唱することの是非」が量刑を左右したとでも?  ...続きを見る
松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG
2006/06/08 09:49
東京「君が代」裁判原告団結成!
こんばんは。ひろです。 ずっと1日中パソコンの前にいました・・・。ええ。そうですとも。ずっと・・・。 ...続きを見る
ミ★ ひろのうろうろ日記 ミ★
2006/12/24 19:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
東京都の教育委員会はかなり腐ってきてるようです。
他の件でも、メディアに捏造した記事を出してて、関係者から直に実際のことを聞いて驚いたことがあります。

メディアも腐ってるといえると思います。視聴者はなめられてますね。
雲丹海月
2006/06/07 12:24
コメントありがとうございます。

捏造された記事でしか、事実を知り得ない状況にある人は「威力妨害」した元教員としてその人をみる事ができない現実があり、その時点で大半をマスメディアに判断を委ねてしまうおそれがありますね。
これだけネットが発達していなければ、自分もそういった細かな情報まで知る事ができませんでした。
テレビも毎日見ていますが、ブログ等による情報の方がかなり有益であり、テレビの報道のあり方が最近ウンチに群がるハエみたいに見えて辟易することがあります。
でも、時々面白い特集なんかがあるのでテレビはやめられないのですが…

ウンチは、体外に出た瞬間はキレイなものだと聞きます。
真実は如何に…
sendo
2006/06/08 21:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自由って、なんだろう? sendo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる