sendo

アクセスカウンタ

zoom RSS 立ち読み厳禁から、愛国心にて

<<   作成日時 : 2006/09/23 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日(9/22)の日経新聞夕刊の俳優の児玉清氏のコラムにて、日本の本屋の風景からみる日本人のモラルのなさについて書いてあるのを読んだ。
それは、欧米の本屋には長時間立ち読みをしてもいいように立ち読み(座り読み)が出来るスペースが設けられているのが常識的で、長時間立ち読みをしていても店員は文句を言わないという文化があり、日本でも大型店舗ではそういったスペースはあるのだけれど、街の本屋は一向に「立ち読み厳禁」あたりまえという。
その根本原因というのが、万引きという一部の心ない人によって、書店やコンビニが大いに被害にあっているが為であるということ。
「自分の良心に問いかけることのない人間が増殖している文化大国日本。この悲しむべき現実をどう受け止めるべきか。」と結ばれているように、そういった自分中心の人間が世に増えている為に活字離れにも影響を及ぼしているとは、まさに人の痛みを知らない人々が拍車をかける悪循環なのだと感じずにはいられません。

先日、安倍晋三が自民党総裁に選ばれ、総理大臣決定的になりましたが、彼がまずやることの一つに教育基本法に愛国心を盛り込んで、子どもたちに国を愛する事を強制してもいいという指針を打ち出しておりますが、はてさて、そんな強制的なやり方で人の痛みを感受できる人間が育つとでもいうのでしょうか?
教育には、強制的な側面があったとしても、その根本的な人格形成まで強制的に行われるようになってしまったら、太平洋戦争当時の教育と質は違っても、やってることはなんら変わりのないことではないでしょうか?
このコラムを読むちょっと前から自分は、条件付きで教育基本法に「愛国心」を盛り込むのであれば賛成できるという考えです。
その条件とは、「戦争教育」です。
太平洋戦争後61年、人口の2割は老人だといっても、実際に戦争を語れる人は少ないようで、そういった人達も亡くなっていきます。
『蟻の兵隊』などの映画・映像や、戦争を語る書籍をもっと子ども達(大人達にもだけど)に、知らしめるべきで、それと平行して国を愛するという事(それは自分中心ではない事)を教えるのであれば、なんとかバランスを保てるのではないかと思うのです。
まずは「人間は間違う」ということ、そして「人の痛みを知る」ということ、そんでもって「(開き直らないで)反省する」ということ、それができるようになる子どもを育てる事によって、万引きも減っていくであろうし、書店も安心して営業できるであろうし、そして立ち読み厳禁も減っていくであろうし、活字離れも減っていくのではないかと思います。

今は、間違いを認めたくない、「なんで謝らなきゃいけないんだ」と開き直っている人達が歴史を修正したいが為に都合のいい愛国心を持った人間を育てたいから「愛国心」を教育したいのだろうけれど、そんな愛国心は愛国心ではなく、売国心といってもいい程に国の文化を衰退させる悪循環を生み出す、目先の事しか見えないバカを増殖させているだけにしか過ぎない状況です。
このまま「戦争責任」と「戦後責任」を混同して、自分に降り掛かる責任は悉く回避したい人の「自己責任」は永遠に果たされる事はないでしょう。
あらゆる人の行動と結果は自業自得だけれども、それを「自己責任だから」と言って斬り捨てる、そんな人を人を思わない人々が増えてしまうことに拍車をかける安倍晋三の御都合主義的政治にはNO!だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
緊急「沖縄・平良夏芽不当逮捕」…抗議の声をお願いします
 平良夏芽はワタシがホームレスと関わっていた初期の頃の同志で、沖縄に移転以降も反戦平和の実践部隊として闘っていました。最近では辺野古で闘っていると聞いてました。長い間連絡が途切れていましたが、今回、不当逮捕されたという情報が入りました。是非関心を寄せて下さい。また是非、抗議の声お願いします。 ...続きを見る
dr.stoneflyの戯れ言
2006/09/25 19:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
立ち読み厳禁から、愛国心にて sendo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる