sendo

アクセスカウンタ

zoom RSS プライド

<<   作成日時 : 2006/11/02 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

あたりまえのことなのだけれども、人は万能ではありません。
それに近い人はいるかもしれませんが、それは貴重な方です。
そして、人は、まず、尊敬あるいは、信頼を得る為に能力的な部分での資質を顕示せねばならないようで、それによって更なる信頼、尊敬を得て自らの資質を発揮させねばならないという良循環がアプリオリなようで、そのおかげかどうかわかりませんが、ちょいとミスでもしようものなら「ほら、みたことか」的な揚げ足取りで、何も育てる意識のない自己中心的な現実主義者が、未来への想像力よりも自らの栄光のみを求めるなんとも事なかれ主義的発展が最良であるかの如く全てを牛耳られている状況では、その顔色を伺いながら、もっと自由で効率的な作業をできはしまいかと考えるよりも、「まっいっか」的なこれもまた事なかれ主義に準じた仕事をしてしまう悪循環。
こういった現象は、どこにでもあり、その犠牲になっている方々も多数おられることと思います。
最近また、騒がれているいじめの問題はまさにそれです。
「今も、昔もいじめなんてあるし、なくならないんだから…」っと思っている人が大多数かと思われる世界ではいじめはなくならないでしょうし、いじめがあることによって世界がうまく回るなんで思っている輩もいる訳で、なんともこの現実は如何に自己保存をするかという醜い生存競争が必然・必修科目であり、それを乗り越えては異端視されて、排除される向きもあるようであります。
先日の国家の裁判要員増員の問題にしたって、国家が神的に無謬な存在であるかの如く、それに従え、逆らえば司法で「徹底的にたたくぞ」という始末。
そういった国家の姿勢は、民間にも知らず知らずのうちに根付いてしまうようです。
そして、その圧力に耐えきれなくなってしまった方々の自殺が後を絶たないのが今の現状であります。
なんとも、プライドのない、保身のみが生存競争を生き抜く術であるかのような、短絡した愛国心一歩前の思考にをどうにかして欲しいを思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「捏造教育基本法強行採決」…絶対に許せない!!
「捏造教育基本法強行採決」…絶対に許せない!! ...続きを見る
dr.stoneflyの戯れ言
2006/11/15 18:20
「岡崎ホームレス殺人」…何かが変わってきている
 岡崎でホームレスの女性を殺した中学生が逮捕された。別件の補導により「金目当てでホームレス襲撃を繰り返し殺人に至った」ことを自白したようだ。「ホームレス」「女性」「中学生」「金目当て」「格差」「貧困」「殺人」「いじめ」「襲撃」……、いろいろな「キーワード」が次々に貧相な脳内を渦巻き、やりきれないなぁ、とふつうの憤りを感じる。  昔からホームレス殺人は繰り返されてきた。言うまでもなく無防備なホームレスは襲撃されやすいのだ。  「無防備」というのは、たんに「住居がない」というだけでなく、差... ...続きを見る
dr.stoneflyの戯れ言
2006/12/21 09:02
youtube プライド 動画
youtubeでプライドの動画を紹介!! プライドとは一言で言えば、バーリトゥー... ...続きを見る
youtube動画WEB
2007/01/18 04:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
そして、人は、まず、尊敬あるいは、信頼を得る為に能力的な部分での資質を顕示せねばならないようで、それによって更なる信頼、尊敬を得て自らの資質を発揮させねばならないという良循環がアプリオリなようで…

いつも論旨明快で分かり易いsendoさんにしては今回の記事が可なり難解なようですが(随分と、お怒りの様子)というより上記の文面がアンチテーゼとして理解できない人が随分いるんじゃないでしょうか?
「お前は将来医者になって病院を継げ」といわれ続けた少年が逃場を失い家に放火して母親や幼い弟それに妹を死なせた事件がありましたが。この少年そして家族はまさに父親が勝手に決め付けたアプリオリの犠牲者と言わざるを得ません。
 先日、鹿児島でも研修中の教師が自殺する事件がありました。
 この事件どうも解せない部分が多いのです。
 教育熱心で生徒にも人気のあった先生が突然再教育カリキュラム送りとなり彼女のパソコンからは苛めがあった旨の遺書が発見されたことが報道されました。
 続く…
薩摩おいどん
2006/11/02 16:12
事実関係がはっきりしない現在では明確なコメントはできませんが事件の解明は、ちゃんとなされる事を祈ります。
 話が横道に逸れてすみません。
 将来、立派な仕事をするであろうと期待させる優秀な子供たちが不当なるイジメによって自らの命を絶つ、もう悲しくて仕方の無い事実。
 (去年の9月に北海道で自殺した少女が教壇の上に遺した遺書の文面は
小学生とは思えない洗練されたものだった)
 PRIDE(誇り)とVANITY(虚栄心)とは全く別物ですが、つい保身に走るあまり自らも気付かぬ間にPRIDE→VANITYへと変貌を遂げていることは良くあることです。そんな時「まあ仕方ない」とか「これが現実なんだ」と諦める前に厳しい現実に立ち向かう勇気を持ちたいと本気で考えます。

※今回は私も、この件に関しては言いたいことがあったので身勝手に2個
 もコメントして貴重なメモリを使ってしまいました。
 スミマセン
薩摩おいどん
2006/11/02 16:16
薩摩おいどん様、コメント頂きありがとうございます。
ご無沙汰して申し訳ありません。

どうも、今回の記事は便所の落書きのように支離滅裂なもので、読み返しては恥ずかしく思います。
感情のままに書きなぐってしまった為にこのようになってしまいました。

要は、「仕事や勉強、あらゆる場面でできる人達だけの世界ならば何も問題はないけれど、人はそればかりではなく、なのにできる人達の殆ど(とくに政治家)が、できない人達の痛みを想像することができずに、自分のやりたい方向へと推し進めてしまう現状に犠牲者は増えるばかりであるのに、さらに犠牲者を生み出そうとしている教育基本法の改定はなんなんだ!」…ということを書きたかったのですが、どうも当時は冷静ではなかったようで、お恥ずかしいかぎりでございます。

鹿児島の事件、この国で起こりうる未だ自殺まではいっていない虐めが個々別の問題ではなく、社会全体の体質であるということを自覚できなければ、何も改善はしないと思います。
それには、人の痛みを知ることが必要なのに、トップに立つものほど甘い汁を啜ることで想像力を失っていくようであります。
sendo
2006/11/26 04:36
前回のコメントについて弁解させていただきます。
決して支離滅裂ではありませんよ。
論旨は通っています。
ただ、普段は平易な表現を心掛けるsendoさんが可なり高度な表現を使われていたので、きっと「だらだら書くより強烈な一言を」という意図なんだろうと考えていたていどです。便所の落書きだなんてとんでもないですよ。私も実は【お節介な】コメントをしたことを可なり後悔していました。申し訳ありません。あの後記事が途絶えたので「きっと気を悪くしたに違いない」と心配していました。以後気をつけます。
薩摩おいどん
2006/11/26 06:22
薩摩おいどん様

コメントありがとうございます。

>あの後記事が途絶えたので「きっと気を悪くしたに違いない」と心配していました。以後気をつけます。

気をつけなくて結構ですよ。
忌憚のないご意見はありがたいものです。
記事が滞っているのは、個人的にバタバタしていて、書き込む余裕がないかれであります。
ですので、これからもよろしくお願いいたします。
…と、申しましても今日も記事を書き込むほどの気力がない次第であります。
申し訳ありません。
sendo
2006/12/06 19:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プライド sendo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる