sendo

アクセスカウンタ

zoom RSS ぜったいおかしい〜「高知県警の捏造事件」と、「自衛隊の劣化ウラン弾導入?」〜

<<   作成日時 : 2007/10/31 01:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最近、きっこのブログで取り上げられている「高知県警の捏造事件」という恐ろしい権力による犯罪的行為がとりあげられ、あちらこちらの動画サイトでもニュースになっているのだけれども、都市部のニュースは、自分の見た限りシカトし、亀田や、亀田や、亀田の毎日であったように感じつつ、なんだかこの国のメディアは阿呆を通り越し基地外に見えてしょうがない(泣)

それでも、地方のニュースは明らかに、高知県警の捏造を解明している。
しかし、裁判では「県警は捏造じていない」という(ご都合主義的な)心象を元に判決が下された。
こうして、また冤罪が生み出される!

詳細映像は、こちら


本当にこの国は、おかしくなってきている。

先日、「六ヶ所村サプソディー」と「ヒバクシャ」というドキュメンタリー映画を監督のトークショーがあるというので、観に行ってきた。
そこでも、原子力関連施設に関連する隠蔽体質のことなど、さまざまな体験談を監督の鎌中さんは話してくださいました。
その中で一番驚愕したのは、最近富士山の裾野の自衛隊演習場付近の山小屋などでは、壁を鉛で補強するように自衛隊に要請された事件でした。
鉛?
なんのために!
劣化ウラン弾という兵器をご存知の方は多いでしょう。
ついこのあいだ、アメリカがイラクへ何百トンも爆撃した核兵器(と自分は認識します)のことです。
そのおんなじようなものを数年後に、自衛隊は導入し、演習に使う予定なのだそうです!

これは、豊洲の市場騒ぎどころではありません。(築地市場の方々、気分を害されたら申し訳ありません!)
しかし、富士山に劣化ウラン弾って!
富士山が世界遺産にならないのは、ごみ問題だけじゃなくて、お前らが軍事演習してるからっていうこともあるっていうことわかっていないのかなぁ?
そんでもって、今度はウラン使って、富士山の地下水を放射能汚染させる気ですか?
国益?
自衛隊の活動=国益なんですか?

おかしい・・・絶対、おかしい。
この世に絶対なんて事はないというけれど、これらの出来事はぜったいおかしい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ご無沙汰してます。
 警察官の犯罪行為は特定の場所と限られてないようです。鹿児島県の選挙違反事件の捏造(濡れ衣を着せられた元被告の方々に県警は未だ謝罪していない)はご存知かと思いますが、これ氷山の一角かと思えるように各地で似たような事件(でっち上げによる冤罪事件)が頻発しています。
 sendoさんが言うように国益と言う意味を政治家の先生方に問い質したい気持ちです。
薩摩おいどん
2007/11/01 08:25
薩摩おいどん様

 こちらこそ、ご無沙汰しておりました。
 コメントありがとうございます。

 今の政治家は、口を揃えて「国民のために!」と叫んでいるけれども、消費税や、テロとクソ法などの説明では、「苦しいんだから、しょうがない」的な脳フリーズ政治家が多くて笑うしかありませんね。
どうして、斬新な発想ができる人間は政治家にならないのでしょうか?
本当に政治家ってバカばっかりで困ります。
sendo
2007/11/13 23:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぜったいおかしい〜「高知県警の捏造事件」と、「自衛隊の劣化ウラン弾導入?」〜 sendo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる