sendo

アクセスカウンタ

zoom RSS 湿布を買いに行ったら・・・薬事法改正していた・・・

<<   作成日時 : 2009/07/08 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日、腰が痛むので湿布をドラッグストアへ買いに行きました。
 適当に効き目がありそうな商品を選んでレジに持って行ったら、「薬剤師の説明を受けてください」といわれて、レジから薬剤師のカウンターへ連れて行かれた。
 そこで、アレルギーはありますか云々聞かれ、その商品の使用上の注意(商品の箱の中の説明書)を二人で確認するように読み上げ、箱の中に入っている説明書と同じもの(つまりコピー)を手渡されて、やっと購入することができた。
 効能が強いから、副作用の可能性もあるから、薬剤師の説明が必要なのは理解できないでもないが、面倒臭い。
 これでは、ドラッグストアでの薬剤師の仕事が倍増し、買う側にしたって、そんな面倒なら医者に行くのと変わらないいと感じ、はじめから病院などに向かうやもしれん。
 そこまでいかないとしても、手軽に買えるものが面倒くさい手続きになることで、買い控えが増えるに違いない。
 いったい誰が、得をするというのだろう。
 今後も、その商品を買いに行く度に薬剤師の説明を受け、自分の体の事を根掘り葉掘り聞かれなきゃならないのかと思うと正直面倒くさい。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
湿布を買いに行ったら・・・薬事法改正していた・・・ sendo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる