アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「影丸さんへ」のブログ記事

みんなの「影丸さんへ」ブログ

タイトル 日 時
「大庭健『善と悪』(岩波新書)」について
「大庭健『善と悪』(岩波新書)」について ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/15 06:20
「安楽死(3)」について
「安楽死(3)」について 人生いろいろであるように、死に様もそれぞれで、人それぞれであるから安易に「安楽死」を「尊厳死」として人間らしい死の選択であるかのような考え方には反対ではあります。 が、しかし、個人的には死にたくなるくらいの精神的苦痛から逃れたいが為に「安楽死」という合法的制度をオランダで利用する気持ちはわからないではありません。http://ja.wikipedia.org/wiki/死の幇助 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/08 23:27
「安楽死(1)」について
「安楽死(1)」について 「安楽死」の「安楽」って、いったい誰の「安楽」なのでしょうか。 「尊厳死」という言い方もあるようですが、誰の「尊厳」なのでしょうか。 延命治療にお金がかかって経済的に困窮してしまうから、止む終えず殺さざるを得ない気持ちはわからないでもないです。 自分の祖母も一年近く、胃がんによる衰弱から一年近く穴と言う穴にチューブを繋がれたまま亡くなりました。 最後の半年は、殆ど意識を回復する事なく、機械に生かされていたような状況に「生きる」ってなんなんだろうと思いました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/30 06:18
「ドナーカード」について
「ドナーカード」について 「よくわからない」という人からも臓器が取られてしまうのですか! それは酷いですね。 申し訳ありません、思慮が足りませんでした。 臓器を提供するか、しないか、という問題だけで考えてしまっていました。 しかして、これは国内だけの問題じゃないようですね。 こんな施設があるようです。 中国国際臓器移植支援センター(http://www.zoukiishoku.com/) 臓器の提供者は死刑囚という噂もあります、う〜ん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/01/10 00:18
「ドナーカード」について
「ドナーカード」について わっかりやすいページを見つけました。 が、ちょいと嘘がかいてあります。 「ドナーカードについて」http://www.novartis.co.jp/edu/donar/don1_1.htm 「ドナーカード(臓器提供意思表示(ぞうきていきょういしひょうじ)カード)は各地の病院、市役所、保健所、郵便局、運転免許試験所、または一部のコンビニエンスストアなどに置いてあります。」と書いてあるのですが、近所の郵便局にはなかったし、どのコンビニにあるのか見かけた記憶がありません... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/09 00:59
「河合香織『セックスボランティア』(新潮社)」について
「河合香織『セックスボランティア』(新潮社)」について こんにちは。 先日、路上でホームレスの方が「THE BIG ISSUE」http://www.bigissuejapan.com/という雑誌を売っていたので購入したところ、当書籍が紹介されておりました。 奈良美智の変な顔の少女が表紙の号です。 よろしければ、どうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/03 15:56
「河合香織『セックスボランティア』(新潮社)」について
「河合香織『セックスボランティア』(新潮社)」について まだ、読んだ訳ではありませんのでなんとも申し上げられませんが、主義主張のないドキュメントっていうのもアリなのかなぁって思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/24 07:47
「愚かな人たち」について
「愚かな人たち」について サイレント・マジョリティー「もの言わぬ多数派」なる言葉があるそうです。 彼らは何者かいうと、テレビなどのメディアの報道の中で自分の意見を見いだすようなのですが、普段は何の主義もない「事なかれ主義(これを主義というのもどうかと思いますが)」で、自ら事件や問題に関わる事を由としない他人事が大好きなもんだと思われます。 故に「ナカちゃん」の特別住民登録なんて問題でもなんでもなく、それが市長やなんかの人気取りに繋がってもどうでもいいんですね。 面白ければいいじゃんってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/13 05:04
「長い名前の本」について
「長い名前の本」について 忘れ去られていくのは、毎日が楽しいからか、辛いからか、どちらにしても自分の事しか考えられない、ゆとりのない者が増えているからだと思われます(自分を含め)。 この頃、通勤途中で赤い羽の共同募金活動がみうけられますが、誰もが素通りしていく状況です。 戦後直後の貧困の中集まったお金は5億(現在の1500億相当)円、経済的に豊かな人が増えた現在は230億円という、数字だけでみると人の心は経済的に豊かになった現代人より、貧しかった頃の人の方が他人を思いやる気持ちが強く豊かであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2005/10/11 00:41

トップへ | みんなの「影丸さんへ」ブログ

sendo 影丸さんへのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる